18MEA

こだわり美容師の「カチオン化18-MEA」  (メチルエイコサン酸)

18MEA

カチオン化18-MEA  (メチルエイコサン酸)の効果や特性

保湿効果・抗菌効果・酸化防止効果   保湿剤、化粧品、医薬品等の原料

毛髪破断強度向上、毛髪表面疎水化、ダメージ制御、ダメージ改善効果

購入用バーナー部品

キューティクル表面にある18-MEAは、キューティクルの接着や、キューティクルを皮膜するための大切な成分です。

シャンプー、パーマ、ヘアカラー、ブリーチ等のケミカル処理で18-メチルエイコサン酸(18MEA)が失われますが、一度失われると再生しないと言われており、一般的には、1回のパーマで50%・1回のカラーでほぼ100%18MEAは失われると言われています。

また、髪の抗老化(加齢)によっても、失われていきます。子供のきれいな黒髪は、18MEAが充分残っている状態ですので、美しい艶としなやかさを保持しています。キューティクルのダメージは、毛髪表面のツヤが失われる要因になり、それによって、キューティクルのまくれもさらに現れどんどんダメージが進みます。毛髪表面の損傷によって表面の疎水性機能を失うと毛髪表面は、親水性の毛髪に移行していきます。

親水性に傾いた毛髪は、連鎖的に毛髪ダメージを加速すると言われ、また、シリコーンは18-MEAのようにキューティクル同士を接着する効果はないとも言われております。弊社扱いの18-MEAはカチオン化されたものですので、毛髪との親和性が向上しています。

単純に18MEAだけでは機能しにくい部分があります。

美容室の技術体系に18MEAを組み込むならカチオン化された18MEAが使用しやすい様です。(そのままの18MEAもありますが、それらは化粧品製品配合時にカチオンなどがあると処方上使いにくい局面があるのでそのままの18MEAも必要とされているようですが、機能性向上に工夫が必要となりますので、美容室で使用するならカチオン化18MEAがベストです。)

18-MEAは「パーマ・カラー等の酸化反応によってキューティクルから失われてしまう」と言われています。

18-MEAの補給により再び、毛髪表面の疎水化を回復させることが出来、ツヤ手触り感などの回復が見込める原材料です。


本原材料の カチオン化18MEA (原料製品名 カチオンNHは日本精化株式会社の製品名です。)

弊社扱いのカチオン化18MEA にBG (1,3-ブチレングリコール)を加えて使いやすいようにしてあります。BGを加えて水溶性になっていますので、パーマ・カラー・トリートメント剤等の水溶液に簡単に溶解します。

配合割合 18-MEA 3:BG 1  に既になっています。

※BGとは、「1,3-ブチレングリコール」のことでかなりの種類の化粧品に保湿剤として使われています。

BGは化学合成で作られますが、いくつかの特異な特徴を持っています。BGは、グリセリンより抗菌性があるため、40%BGで抽出したエキスは1年間保存がでるようです。しかし、保存条件によっても大きく差が出ますので、6ヶ月以内で使い切ることを薦めているようです。

※保管は出来だけ涼しい常温で保管。長時間温めるようなことはしないでください。

無色・無臭、べたつきが少なく安全性が高いので様々な化粧品に配合されている定番の保湿剤です。スキンケア、ヘアケア、ボディケア、メイクアップの材料に使われています。また刺激性もない成分で手作り化粧品を製作する際、ビタミンCの酸化が早いので使いにくいですが、BG(1,3ブチレングリコール)を配合することで肌に良いビタミンCを配合できるようです。


【 18MEAの活用使用 】 

基本操作は、洗い流す施術に使用します。再来時には明らかに良い違いがあるとのことです。(持続性)18MEAによってキューティクルの保護力が高まり、次回再来されるときは今までとは明らかに違いが出るとのことです。(キューティクルの補修能力)


添加による使用方法                
パーマ1剤・2剤  カラー1剤+2剤の混合剤  縮毛矯正剤1剤・2剤(ブロム酸・過酸化水素 どちらも可) 添加量  総量の2~3% 

洗い流すトリートメント剤  ブリーチ1剤+2剤混合剤などに添加して使用。
添加量  総量の2~3%  

技術参考例
パーマ編  2~3%添加  (パーマ1剤、2剤、中間酸リンス) 

例 80CCなら→ 77.6ccのカラー剤に2.4cc(3%配合になる)の18MEAを混合して良くかき混ぜる。多過ぎは注意してください。 薬剤はチオ系、シス系、化粧品分類カーリング剤問わずOKです。

前処理としての使用
毛先の前処理として PPTに3%添加 orアジャスター(アルカリ除去剤・PH調整剤)に3%添加して使用

後処理としての使用   18-MEAを単純にトリートメントに3% を混ぜて使用して流す。においが気になる場合は、再度トリートメントだけを上塗りして流すとにおいは消えます。

【 縮毛矯正の場合 1剤3% / 2剤3% 添加 】  

【 ヘアカラー&ブリーチの場合も同様 】 

カラー1剤+2剤混合剤に3%添加 (ブリーチ同様) トーンダウン・トーンアップも同様・ブリーチ 1剤+2剤混合剤に3%

18MEA
18-MEA
購入用バーナー部品

カチオン NH   毛髪必須脂質18-MEAをリッチに含むヘアケア素材

【 製品原料情報 】

商品名   (日本語)カチオン NH / (英語) CATION NH

主成分表示名称   クオタニウム-33 , BG

主成分医薬部外品名称 / エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム(2)

INCI名  QUATERNIUM-33 , BUTYLENE GLYCOL

製品特徴

  • 柔らかな感触やサラサラ感
  • まとまり
  • ツヤが出る
  • 髪同士の絡みつきを防ぐ撥水性(疎水化)
  • ヒツジの皮脂分泌物から得られる天然循環型原料
  • 18-MEAをリッチに含むカチオン活性剤の性格を持つ
  • 低pH域で安定に配合可能
  • パーマ、ヘアカラーによる毛髪ダメージの抑制

18MEAについてちょっと情報

  • 皮脂を髪の根元から毛先に運ぶ役割・・・毛髪のしっとり感・しなやかさなどを生成
  • アボカド油・ココナッツ油・オリーブ油・椿油は18MEAに近い成分
  • ダメージ毛は、18MEAが剥離しているので、乱反射が起きてきれいに見えない
  • しかもダメージ毛は、弾力もハリもない、だからペリセアとの融合が効果的
  • 毛髪再生技術として、目に見えない部分の毛髪内の弾力&ハリ&コシ 目に見える部分の表面のツヤ・手触り感が向上します。
  • 18MEAの施術によってバリア構造の再生が起きることで、次回の来店時の毛髪状態がよくなる。
  • シリコンが人工の油分だとすると、18-MEAは体から出た天然の油分のようなものです。髪が傷んで、【パサつき】や【まとまりが無くなる】のは、天然の油分が取れている状態なんです。
  • 18MEA処理というヘアケアの概念が定着すると思います。お客様の再来時の髪の状態が明らかに違います。


(メーカー製品名 カチオンNH 18-MEAをカチオン化)の使用方法

カチオン化18MEA(360g)]のボトルごとウオーマトロン50度程度で15分ほど湯煎します。トロケタ状態を確認後、BG100mlを全量ボトルに入れて、よくかき混ぜます。全量で、約460g程度になります。これで水溶液等に溶けやすい状態になると思います。【出来上がったものは、涼しい常温にて保管。ウオーマトロンには入れておかないこと】

購入用バーナー部品
>「ネットサービス会員」会員登録ご案内  (美容師専用) 無料新規会員登録キャンペーン もれなく2,500円相当分プレゼント中!!

「ネットサービス会員」会員登録ご案内  (美容師専用) 無料新規会員登録キャンペーン もれなく2,500円相当分プレゼント中!!

本サイトは、美容室・理容室限定のプロ専用仕入サイトです。※一般のお客様のご登録及びご購入も出来ませんので、予めご了承下さい。会員登録には、美容室、理容室、ビューティサロン、などのオーナー、従業員、開業(勤務)予定の方、理美容学校生などの美容関係者であることが必須条件です。その為、美容室・理容室ではない場合は、お断りさせて頂きます。 不正に登録した場合は、商品の出荷等はお断りしていますので、その旨ご了承ください。

CTR IMG