サロンプロトリートメント

イオンコンプレックス

ヌースフイット イオンコンプレックス

そもそもポリイオンコンプレックスとは何か?

博士

そもそもポリイオンコンプレックスとは!

詳しくは、こちらのページで説明

簡単に言うと(美容技術の場合) 

+イオン物質と-イオン物質が結合させてできる物質​を利用してトリートメントする技術​​で言いかえれば、シャンプー後のトリートメントをすることも同様です。ただし、そのパワーが強くして、風合いなどを作ったり、ハリコシを作ったり、手触り感を良くしたりなどさせる美容技術です。また、コアセルベートと意味は同じです。

購入用バーナー部品

イオンコンプレックスを応用した「貴店のオリジナルメニュー


​例えば、パーマ  or  カラー ⊕ イオンコンプレックスの応用

≪メニュー例≫ 

ヘアエステ付パーマ (カラー) 

キレイ髪パーマ (カラー) という名称で実際にメニュー化


イオンコンプレックスを利用したサロンプロトリートメントの材料紹介 

※より詳しくは、https://beauty-vender.easy-myshop.jp/の各商材ページに記載してあります。

コンプレックスを強くしたり、弱めにしたりすることで、髪質に合った良質なものが完成するかと思います。

【カチオン性原料】  

製品名 アルガノミクス  

【製品機能・成分】アルガンオイル・ツバキ油・CMC  

購入用バーナー部品

【カチオン性原料】  

製品名 セラ1 

【製品機能・成分】ACポリマー・カチオン化セルロース・手触り感持続させる・つるつる感を出す

購入用バーナー部品

【カチオン性原料】  

製品名 DD 

【製品機能・成分】残臭除去(消臭) 質感アップ

購入用バーナー部品

【カチオン性原料】  

製品名 R2+ (プラス)

【製品機能・成分】 架橋性強度回復  (リピュジュア・吸着性 ヒアルロン酸)

購入用バーナー部品

【カチオン性原料】  

製品名 パワーリピットプラス LPD+ (プラス)

【製品機能・成分】 脂質マトリックス補給  18MEA  リピジュア セラミド 

購入用バーナー部品

【カチオン性原料】  

製品名 クリアバター

【製品機能・成分】 クパスバター 食用の油脂・髪にツヤを与え、保水力を高めます。プラセンタエキス 胎盤エキス。リピジュア「人工細胞膜」ともいえるポリマーで、保湿効果のほかに毛髪表面を滑らかに整える働きがあります。ヒアルロン酸ナトリウム 優れた保水力。植物タンパク加水分解物(PPT) コムギ由来のPPTとシルク(絹)由来のPPTが配合 

購入用バーナー部品

【アニオン性原料】

製品名 パワーリバイズRV + (プラス)

【製品機能・成分】 キトサン・ヘマチン・ペリセア・リピジュア  (枝毛予防・表面修正)

購入用バーナー部品

【アニオン性原料】

製品名 Bジェル

【製品機能・成分】 ツヤを出す・架橋ブリッジによる毛髪処理料

購入用バーナー部品

コンプレックス完了後、仕上げの調整として(技術者がご自身で色々やってみることが重要です)

  • 油脂、油分、長鎖アルキル、クリームトリートメント(仕上げ時に使用します) DDなどの利用など
  • DDはクリーム状なのでコンプレックスは小さいがカチオン化されているので、最上部で結合させて質感アップ用。
  • その他のカチオン化された油分などでも良い。
  • パーマ・トリートメント・縮毛矯正などの施術に応じ、さらに髪質状態に応じて使い分けが重要です。
  • 泡(フォーム)にして使うことは有効的(表面に吸着させやすい・液が垂れないなどの利点がある)

参考①

  • 表面を-(マイナス)状態にすると少し感触が悪い。  
  • 例えば、表面にBジェルを残して終わられた場合質感は少し劣る。
  • 必ず上からカチオン化した油分との結合が必要です。
  • 仕上げは、カチオンを必ず使用して仕上げる事が原則。
  • 表面にアニオンを残しておいて、その後カチオン化されたものを使用し、コンプレックスする。
  • カチオン化されている(セラ1+の2倍~5倍液・DDやLPDなどを上から使用するなど色々方法は考えられる。(Bジェル・リバイズで終わらせて、仕上げのトリートメント成分でコンプレックス)

​参考②

コンプレックスを発生させる時だけ商材を2倍~5倍液に希釈して、使用することも有効的。(2倍~5倍液にして粘着を減らし、泡を作り結合しやすくして利用する)

使用方法例 ①

セラ1 ACポリマーとパワーリバイズRV で、コンプレクスを作ることで手触り感持を持続させる。泡(フォーム)にして使うことは有効的(表面に吸着させやすい・液が垂れないなどの利点がある)

使用方法例 ②

Bジェルとセラ1のACポリマーでやった方がイオンコンプレックス大きい。大きすぎると硬いので、適度のコンプレックスが必要なのだと解ります。硬いがそれに合った毛髪ならベストという事にもなります。また、2倍液~5倍液に稀釈して使用することで、硬さを取る使い方もあります。例えば、セラ1(2倍液)とパワーリバイズRVのイオンコンプレックスの方がビーカー上の実験では弱いが、毛髪で実際にやってみると質感やしなやかさがちょうど良い。 しかし、髪質による違いや施術内容の違い(前後のパーマ・カラーなど)によっても変化する為、実際にやってみないと分らない。技術者ご自身で色々やってみることです。

【技術情報】

カラー剤にBジェルを1剤+2剤=合計量に対して白髪10%  カラー20%混ぜ入れる。相性の合うカラー剤とそのあとに使うカチオン化トリートメントが重要。Bジェルの表面は- アニオン化した状態なのでこのままでは質感悪い。その後、カチオン化されたものを塗布して、コンプレックスさせると良い

イオンコンプレックス施術は、技術者ご自身で色々やってみることが重要です。

購入用バーナー部品
>「ネットサービス会員」会員登録ご案内  (美容師専用) 無料新規会員登録キャンペーン もれなく2,500円相当分プレゼント中!!

「ネットサービス会員」会員登録ご案内  (美容師専用) 無料新規会員登録キャンペーン もれなく2,500円相当分プレゼント中!!

本サイトは、美容室・理容室限定のプロ専用仕入サイトです。※一般のお客様のご登録及びご購入も出来ませんので、予めご了承下さい。会員登録には、美容室、理容室、ビューティサロン、などのオーナー、従業員、開業(勤務)予定の方、理美容学校生などの美容関係者であることが必須条件です。その為、美容室・理容室ではない場合は、お断りさせて頂きます。 不正に登録した場合は、商品の出荷等はお断りしていますので、その旨ご了承ください。

CTR IMG