美容室でクレジットカードを使って美容材料を仕入するメリット

クレジットカード

 

クレジットカードを利用して、仕入をするメリットをご存じだろうか

昨今は美容室でクレジットカードを使って美容材料を仕入するサロンが増加しています。実はとても合理的な方法と言えますので、その理由記載しました。

クレジットカードや電子マネーなど決済のキャッシュレス化が進んでいます。決済方法の多様化により、消費者は自分のライフスタイルに合った支払い方法を選べるようになりました。たとえば、キャッシュレスの代表として挙げられるクレジットカード決済。高額の商品を購入するときは、現金を持ち歩かずに済み、ポイントも貯められるクレジットカード決済を選ぶ消費者も多いでしょう。しかし、一般消費者だけでなく、BtoBと言われる企業対企業の卸売り仕入れに至っても使用されるようになりました。

美容室でクレジットカードを使って美容材料を仕入するメリット

☆まず注目する点において

消費税増税後、キャッシュレス決済で5%を還元、値引きも対象に 

2019/3/2 1:31 日本経済新聞 電子版より

政府が10月の消費税引き上げ時に実施するキャッシュレス決済へのポイント還元制度の全容が分かった。5%分の還元対象に、決済に伴う値引きサービスも加える。ポイントだけでなく値引きも優遇の対象とし、スマートフォンを使う多様な決済に対応する。消費の腰折れを防ぐため対象を広げるが、過度な利用を防ぐために決済額などに上限を設ける方針だ。ポイント還元策や値引き策では、クレジットカードや電子マネー、QRコードなどを用いて、中小企業の店舗で商品や決済を行なった場合に、支払った額の5%がポイントで消費者に還元する仕組みを取り、そのポイントの原資を政府が補助をする。今回の注目点は、ポイント還元だけでなく、値引きもその対象となることで、利用拡大に繋がるとの見方が強まっている。

3月1日にも、日本政府がポイント還元対象事業者を中小企業に限定させる方針を固めたとする報道を共同通信社が行なっており、増税時の還元策の方向性が明らかになりつつある。現状では、売上高が年500億円を上回る事業者は還元の対象とならないことがわかっているが、中小企業基本法の定義とは大きく異なるため、追加方針が定められるという。野村総合研究所が平成29年度に発表した「キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識」によると、これまで日本における民間消費全体に占めるキャッシュレス決済の比率は、わずか20%に留まるなど、キャッシュレス化が進む世界の決済状況に、大きく遅れをとっているのが状況だ。

諸外国におけるキャッシュレス比率表

 

増税の還元策だけでなく、こうしたキャッシュのトラッキングや世界に遅れを取る状況も受け、政府はキャッシュレス化を早急の課題として推し進めている。

その為にクレジットカード利用でも色々と恩恵も充分考えられる。

 

クレジットカード払いメリット!なぜ現金払いよりもカード払いのがおすすめなのか!

クレジットカード払いメリットをリストアップしてみた

①クレジット決済を行うことでクレジットカード会社のポイントが貯まる  

クレジットカード払いのメリットとして、代表的なのはコレです。カード払いで100万円を払う:1万円分のポイント獲得(楽天カードの場合 1%)しかし、現金ではそれがない。

クレジットカード

 

 

 

②さらに弊社「ビューティベンダーネットサービス」では仕入金額5%(税込5%なので実質5.4%)のポイント付与  

(楽天ペイ利用でポイント1% 付与)合算すると弊社ポイント5.4%+カードに付与1%=合計6.4%もある)

弊社では現在、はじめての方に2500ポイント+500ポイント(合計3,000円相当ポイント)をプレゼントしている。 

貯まったポイントを使えば、材料費もタダで仕入れが出来ちゃうこともあるかも・・・

美容室専売品の卸・通販仕入サイト「ビューティベンダー株式会社 ネットサービス」 (2)

 

 

③支払いを先延ばしできる。

勿論、売掛締日払いでも先延ばしはできるが、一般的に締め後10~20日以内の支払いになるが、カード払いなら締め後の25日後の決済も珍しくない。さらに分割払い・ボーナス払い・リボ払いなどを利用して、支払額の調整ができる。しかも金利手数料を1円も発生させずに先延ばしすることも出来る支払いもある。

1回払い・2回払い・分割払い・ボーナス払い・リボ払い 

最初は1回払いとしても、あとから分割やリボ払いに変更できるサービスを行っているカード会社もたくさんあります。支払いの方法やタイミングを自由自在に調整できるのも、クレジットカードの大きなメリットです。

 

④クレジットヒストリーができる

ちょっと難しい話になりますが、クレジットカード払いを普段から利用し、その利用額を遅延なくしっかりと払っている方は、「社会的に信用力の高い人間」だと判断される傾向にあります。

これはなぜかというと、クレジットカードを利用した履歴は個人信用情報機関という場所にて保管&管理されているため。ここで保管されているあなたのカード利用歴が良好だと、たとえば住宅ローンや車のローンを組む際に、「この人になら安心してお金を貸せる」と低利でローンを組むことが可能になります。

しかし、カードを持っていないと履歴ができない:反面、普段から現金払いのみを利用している方の場合には、この保管情報が構築されないために、住宅ローンや車のローンを良い条件で借りることは出来ません。理由は単純、過去の返済履歴がないために「ほんとうにちゃんとお金を返してくれる方かどうか」がわからないためです。

  • カードを健全に使っている方:住宅ローンなどを借りやすい
  • 現金払いの方:住宅ローン審査などで有利に働くことはない

このように普段からカード払いをしていると、お金を借りる際の信用を構築していくことが可能なメリット有り。この先の人生で一戸建てや自動車を買う予定がある方なら、クレジットカードの良好な利用歴を作ってもらえればと思います。

 

⑤ショッピング保険が適用になる

ショッピング保険…という保険が付いたクレジットカードを利用した場合には、クレジットカード払いで購入した商品に常に保険をかけることが出来るメリットもあります。

たとえば購入したブランドバッグが盗難にあってしまった場合。現金払いの場合にはそのバッグが戻ってくることは稀ですが、クレジットカード払いをしていた場合には購入代金のほぼ全額が戻ってきます(保険適用期間に申請をした場合)。

  • 現金払い:特に保険が適用になることはない
  • カード払い:自動的に購入した商品に保険がかけられる

他にも火事による消失や、落として壊してしまった…という場合などにもショッピング保険は適用。めったに使うことがない保険ではありますが、買い物が好きだという方にとってはちょっとした安心になるのではないでしょうか?

 

⑥記帳が楽になる

個人事業主や株式会社経営者の方にとってもクレジットカードは助かる存在。

特に法人カードを利用すると会社経費の記帳もクレジットカード払いさえ利用すれば楽にできるようになるので、結果として帳簿付けにかかる作業時間を減らすことが出来ます。

とくに法人カード(コーポレートカード)の利用をおススメ  

参考:ビジネスデビットカード導入意向は27.4%(VISA)

法人カード(コーポレートカード)の特徴は、お支払い口座に会社名義の法人口座を指定することができます。また、クレジットカードを使用する上で重要な限度額も、個人カードと異なり、最大数百万円に設定されていることが多く、クレジットヒストリー(返済履歴)によってはさらに限度額を大きくできる可能性もあります。以前は分割などできなかった法人カードですが、今は法人クレジットカードのほとんどが分割払いが可能になっています。一括払いオンリーだったのは過去のこと。

法人カード(コーポレートカード)の主なメリットは以下の3つです。

  • キャッシュフローの安定
  • 経理業務の簡素化を実現
  • 法人向けのサービスや特典を受けられる

 

⑦旅行傷害保険が無料で付いている

⑧急に必要になった高額な機材も面倒な手続きなしで、即時購入できる。

手持ちの現金が足りなくても、口座にお金がなくても、急いで機材がほしい場合 リボ・分割払いができるので、 無理のない支払いとほしい時にすぐに手に入ることができます。

支払いも簡単で予算に合わせて決済できるし支払額の変更も増やしたり、減らしたりできる。

高額な機材も面倒な手続きなしで、購入できる。煩わしいローン手続きなどいらない。

 

⑨ネットショッピングでは手数料も係らない・請求書もネット上で管理ができる・カード決済なのでお金の流れも解り易い

⑩クレジットカードには盗難補償

有り難い補償が備わっているため、仮に10万円、100万円といった金額を悪用されたとしても、カード保有者の損失は0円で済みます。反面、現金を紛失した場合にはよほどのことがない限り、お金が戻ってくることはありません。

⑪コスト削減と業務の効率化

銀行振込や代引きの手数料がかからない。

美容室でもキャッシュレス化が進み、以前は集金に来てもらうというスタイルが多かったのですが、近年は仕入れ代金の決済を振込決済というスタイルに代ってきております。その為に美容室では事務を担当する事務員さんがいない為にお店のスタッフや経営者が暇な時間を見計らって、銀行に足を運び振込を行っております。しかし、小人数でサロンを運営している場合、なかなか営業時間内にお店から抜け出て銀行に行くことは難しいところがあります。その為に仕入れもネットを利用し、クレジット決済をするサロンさんが大幅に増えています。

キャッシュをもって銀行などに行く手間と保安上でも直接キャッシュを持ち歩かないので安心。さらに振込なら振込手数料を負担しなければならない場合もある為にクレジット決済なら振込手数料も係らずコスト削減できます。

ネット仕入で仕入れも決済も営業時間外や暇な時間を見計らって、行えるので業務の効率化がとても良くなります。クレジットカード決済の場合、銀行振込と違って振込手数料を負担する必要がないことも魅力でしょう。

⑫関連施設などの割引や優待がある

⑬ゴールドカード以上なら空港ラウンジなど旅が快適になる特典も多い

 

中小企業・個人事業主の各種決済ニーズについての調査によると、49.3%の事業者が業務用の支払いにクレジットカードまたはデビットカードを利用していることが分かっています。

特に美容室に於いては、そのメリットが高くなってきています。

以上のようなメリットや政府によるキャッシュレス化の動きの影響で、今後より多くの事業者が支払いにクレジットカード決済を利用することが期待されます。

Follow me!