「専門用語簡単解説」酵素・酵母・幹細胞・培養・有効成分・触媒・EGF・FGF・IGF

商品の説明によく出てくる専門用語の解説を簡単に説明。詳しくは、知らなくてもよいのですが、基本的なことだけは多少知っておくべきかと思います。

酵素

体の中では、さまざまな化学反応が起こっています。それぞれの反応を引き起こすために触媒として必須のたんぱく質が酵素です。(酵素はタンパク質の一種です) 酵素は私たち人間や動物はもちろん、植物など全ての生命(いのち)あるものに存在しています。私たちの体の中で起こるほとんどの化学反応は、酵素がなければ起こりません。摂取した食べ物を消化・吸収・代謝したり、エネルギーを生み出しています。体の中で起こるほとんどの化学反応には、酵素が必要です。また植物においても、酵素が欠かせない役割をしています。光合成には酵素の働きがかかせません。また葉が紅葉するのも酵素の働きによるものです。しかし酵素は、それぞれある特定の反応しか触媒することができません。例えば、たんぱく質を分解する酵素は、たんぱく質を分解することしかできず、でんぷんや脂質を分解することができません。でんぷんや脂質を分解するためには、また、別の酵素が存在し、それぞれ、でんぷんや脂質しか分解できないのです。そのため、ヒトの体内には、約5,000種類もの酵素があると言われています。

酵素が不足すると体が弱り、病気の引き金となるため、酵素不足は万病の元とも言われています。
健康と若さを保つために、体内酵素の浪費を避け、足りない分は食物酵素でうまく補っていく必要があります。

【酵素の種類】

【消化酵素】とは、食べたものを吸収できるように消化分解する役割を持つ酵素です。消化酵素により分解された栄養素が小腸で体内に吸収されます。

【代謝酵素】 体内に吸収された栄養素を実際に働かせるのが代謝酵素です。呼吸、運動、けがを治す、細胞分裂させる、肌の新陳代謝、血液循環促進、免疫力アップ、老廃物の排出などなど、人の生命活動のあらゆる場面で数々の代謝酵素が働いています。

私たちは酵素がなければ、話すことも、呼吸をすることもできず、死を意味します。しかし、現在は、常に酵素不足と隣り合わせであると言っても過言ではありません。

以前は、たんぱく質さえ摂っていれば体内で、無制限に酵素は作られると思われてきました。しかし、近年の研究では、一生の間で作り出される体内酵素の総量は、遺伝子によって生まれた時に決められていて、それ以上は作り出せないのではないかと言われています。

酵素の利用は食品製造だけにとどまらず、化学工業製品の製造や日用品の機能向上、医療など広い分野に応用されています。医療では消化酵素を消化酵素剤として利用したり、疾患により増減する酵素量を検査することで診断に利用されるなど。またほとんどの医薬品は酵素作用を調節することで機能しているなど、酵素は医療に深く関わっています。化粧品であれば、古い角質を取り除く酵素は一般的にタンパク分解酵素と呼ばれています。若いうちは肌の新陳代謝が活発に行われ、古い角質も自然にとれますが、加齢と共に角質の剥離がおくれて、カサついた肌になりがちで化粧のりも悪くなります。
タクパク質分解酵素は古い角質を取り除き、皮膚の新陳代謝のサイクル(ターンオーバー)を正常にするのを助ける働きをして、古い角質以外の肌の汚れも分解し、肌を清潔にたもつなどを行うのに利用されます。

触媒とは

生物が生きていくためには,細胞の中で色々な化学反応が起きることが必要であります。その一つ一つの反応には,専用の酵素が「触媒」としてはたらいています。触媒とは,それ自身は変化せず,化学反応を促進するはたらきをもつ物質をいいます。生物の体の中の触媒を「酵素」といいます。

化学的には触媒は化学反応を促進させるような物質のことであり、光、放射線、超音波など化学反応を促進させることがあっても化学物質とはいえないものは通常は触媒とは言いません。

酵母とは

酵母とはズバリ、「生き物(微生物)」です。簡単に言うと、生きている菌の塊。実は、自然界のどこにでもいて、あらゆるところに生息しているんです。 酵母は「糖」が大好きで、それをエサに生きています。糖の中でも「ぶどう糖」を好み、それを食べて分解します。その際に、アルコールと炭酸ガスを作り出し、この現象を「発酵」と呼びます。人々はこれを上手く活用し、パン作りやワイン、お酒造りを行っています。

幹細胞とは

幹細胞とは、生体の組織や臓器になる前の「もと」となる細胞のことです。体細胞や生殖細胞を「枝」と考えれば、その「もと」である「幹」が幹細胞である、と考えればわかりやすいでしょう。幹細胞の特徴は2つあります。1つは、分裂して自分と同じ幹細胞を増やす能力で、「自己増殖能」と呼ばれます。もう1つは、体を構成するさまざまな細胞になる(分化する)能力で、「多分化能」と呼ばれます。

 ヒト幹細胞:ヒト由来の幹細胞。
 医療や美容において頻繁に使われるのは、ヒトの皮下脂肪から採取した脂肪由来の幹細胞。医療機関では、ヒトの脂肪組織から幹細胞を分離して培養して数千万個から1億個に増やして、体に戻す治療が行われています。幹細胞を培養する際の“上澄み液”(培養液)には、多くの成長因子を含む百十種類の活性物質が含まれており、その培養液を化粧品の材料ととして使用します。

ヒト幹細胞美容液とは…ヒトの脂肪細胞から取り出された幹細胞が培養の際に分泌される分泌液(ペプチド)の事

幹細胞の種類は大きく分けて3つあり、ヒト由来(ヒト幹細胞)・植物由来(植物幹細胞)・動物由来(動物幹細胞)

培養とは

検査室や研究室で微生物や細胞を人工的に増やすこと。目に見えない微生物や細胞を、検出できる量まで増やすことになる。培養する環境は液体だったり寒天のようなゲル状だったりします。

有効成分とは

育毛剤や薬用化粧品などの医薬部外品に表示されている「有効成分」とは?

「医薬部外品」では、その製品の医薬部外品としての効果・効能に対して、医薬品医療機器等法に基づき承認を受けた有効な成分を「有効成分」としており、成分表示でも、「有効成分」は、「その他の成分」と区別して表示されます。医薬品や医薬部外品に含まれる成分のうち、その医薬品などの目的である効果を表す成分のことです。例えば、解熱鎮痛剤に含まれるアスピリンのような成分のことを有効成分と言います。

EGFとは

EGF(上皮成長因子)は、人間が本来持っているタンパク質の一種。

日本語では上皮成長因子(または上皮増殖因子、上皮細胞成長因子、上皮細胞増殖因子)と言い、人間の体が本来持っている因子で、体内で53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。人間がもともと持っているタンパク質で、肌を整える役割を担っている成分です。肌にはもちろん、唾液や母乳にも含まれています。傷口にツバをつけると傷が治るというのを聞いたことのある人も多いのはないでしょうか?唾液の中には傷を早く修復するための“上皮成長因子(EGF)”が含まれていて、傷口の修復が加速するのです

私たちの肌は、常に新しい細胞が生まれるとともに古くなった肌細胞(角質)がアカとなって剥がれ落ちることで、ターンオーバーを繰返しています。この肌細胞の生まれかわりはEGFによってスムーズに行なわれていますが、年齢とともに体内EGFの量が低下することによってターンオーバーが遅くなると、古い肌細胞がとどまることで肌の元気が損なわれ、くすみやシミなど様々な肌の老化につながってしまいます。◆EGFは「表皮」、FGF-1は「真皮」に働きかけます

FGFとは

FGF(線維芽細胞増殖因子)は、EGFと同じく体内にあるタンパク質の一種です。真皮の中にある成長因子で、真皮幹細胞に指示を出し、線維芽細胞を増殖させます。肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、SOD(抗酸化物質)などを活性化。その結果、シワやたるみの改善が期待できます。現在FGFは、23種類からなるファミリーを形成していることが確認されており、FGF-1~FGF-23まで存在します。23種類のFGFは、番号によってその役割が異なり、それぞれの特長を生かして化粧品に配合することで、体の部位に合わせた製品を開発することが可能となりました。2006年10月現在日本国内ではFGFファミリーのなかでもFGF-2のみ医薬品として登録があり、化粧品原料には使用できない。またFGF-1はE.Coli(非病原性大腸桿菌)由来の遺伝子組み換えによるもののみINCI登録があり、表示名称はヒトオリゴペプチド-13となっている。◆EGFは「表皮」、FGF-1は「真皮」に働きかけます

IGFとは

IGFとはインスリン様成長因子。損傷を受けた細胞の再生を助け、皮膚を再生させる働きがあります。新しい皮膚の細胞を生み出し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進するため、肌のハリを回復させ、たるみたシワの予防と解消に効果を発揮します。

TGFとは

TGF(トランスフォーミング増殖因子)

線維芽細胞において、コラーゲンとエラスチンを生成するのに必要な因子です。コラーゲンやエラスチンの構造を強化する働きに加えて、肌に潤いを与えて弾力を高める作用もあるんです。抗炎症作用もあるので、敏感に傾きがちな肌の改善効果もあるとされています。

トランスフォーミング増殖因子またはトランスフォーミング成長因子は、自然に存在する多くの特色ある増殖因子の1つであります。他の多数のシグナル経路と同様に組織発生、細胞分化、胚発育における極めて重要な役割を果たすものです。

美容室限定「会員専用仕入サイト」

美容室専売品の卸・通販仕入サイト「ビューティベンダー株式会社 ネットサービス」 (2)
こだわりを求めた「他店との差別化」が重要な時代。
そんな時代だから提案したい「看板メニュー&看板商品」

無料新規会員登録キャンペーン中!
無料新規会員登録で今なら!!
もれなく2,500円相当分クーポンプレゼント
ポイント5.5%還元+楽天ペイ1%
カード分割払い・リボ払い・後払いなど各種決済完備